ログイン名 パスワード   
パスワード紛失  新規登録      
   ホーム | 新着情報 | フォーラム | ブログ | ウィキ | マイアルバム | カレンダー | リンク | 教えて! | サイトマップ | サイト内検索 |  
    当サイトのデータベースには 5 件のファイルがあります
XOOPS XOOPS  (0)  [RSS]
Plugin (3) [RSS]
XCLDB式携帯用template (2) [RSS]

新着ダウンロード

カテゴリ Plugin
XWORDS用 d3pipesクラス 人気ダウンロード情報
バージョン: 0.1
掲載日:  2008-3-22
説明

XWORDS用 d3pipes表示クラスです。 XWORDS側の閲覧権限等は全く考慮していません。公開専用ということでお願いします。

解凍したフォルダ内下層の

  1. 「D3pipesBlockXwordslist.class.php」を「xoops_trust_path/modules/d3pipes/joints/​block」内にアップロード。
  2. 「entries_new.php」を「xoops_root_path/modules/xwords/blocks」内に上書きします。  (これは、discription表示を行うための、xwordsブロックのハックです。)

あとは、一般的なd3pipesの操作でパイプを作って表示させればOKです。

ライセンス:GPL


ダウンロード数  108  ファイルサイズ 0バイト  利用可能なOS/ソフト等   ホームページ 
評価 1 (1 票)
評価する | ファイル破損/リンク切れを報告 | 友達に伝える | 詳細な説明を見る

カテゴリ XCLDB式携帯用template
XSNS1.1.0携帯用テンプレートforXCL [zip] 人気ダウンロード情報
バージョン: 0.2.1
掲載日:  2008-3-2
説明

概要

XSNSをXoops Cube Legacy2.1.xにインストールし、Cube Legacy デベロッパーズ・バイブルの記事・同梱CDに掲載されている、 ・同梱の「ThemeRender」モジュールをインストールしてXoopsCubeLegacyのPreloadを使い ・各モジュールのテンプレートをmobile専用にコピーして変更を加えるだけで携帯対応できる。

 という方式での携帯対応に使用できる、XSNS1.1.0以降用のテンプレートです。

使用方法

  1.  XOOPS全体の携帯対応の方法については、上記の書を参考に構築して下さい。
  2.  ここからダウンロードした「xsns_mobile_templates.zip」を解凍し、「templates」フォルダを、「xoops_root_path/themes/mobile/xsns/」以下にコピーします。 「mobile/xsns」の部分は、ご使用の環境に合わせて変えて下さい。 「xsns」の部分が違う場合は、各ファイル名の「xsns」の部分も全て変更して下さい。
  3.  「mobile」の部分が違う環境の場合は、お手数ですが「xsns_mypage.html」などいくつかのファイルの頭にある「include」コード中の記述も、変更して下さい。 もっとスマートにすべきでしょうが、とりあえず生書きしてしまったので。。 ver 0.2で修正
  4.  プライベートメッセージに「message」モジュールを使用するための「xsns_mypage.html」の当該部分の編集が入っています。 「message」モジュールを使用しない場合は、オリジナルテンプレートの記述 <{$smarty.const._US_PM}> <{$user_info.pmlink}> に戻してください。
  5.  XSNSのいくつかのファイルのソースコードに追記が必要です。   おそらく本当はPreloadで行けると思うのですが、私にはできません。。 どなたかご教示を。   で、以下の各ファイルの
    1
    2
    
     function dispatch()
     {

 内の冒頭部分などの分かりやすいところに加筆します。

    • 「act/index/editAction.php」
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      
      	require_once XOOPS_ROOT_PATH.'/class/xoopsformloader.php'; 
      	$token_handler =& new XoopsMultiTokenHandler();
      	$token = new XoopsFormToken($token_handler->create('COMMUNITY_EDIT')); 
      	// Hidden 
      	$token_tag = '<input type="hidden" name="'.$token->_name.'" value="'.$token->_value.'">';
      	$this->context->setAttribute('token_tag', $token_tag);
    • 「act/index/add_confirmAction.php」
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      
      	require_once XOOPS_ROOT_PATH.'/class/xoopsformloader.php';
      	$token_handler =& new XoopsMultiTokenHandler();
      	$token = new XoopsFormToken($token_handler->create('COMMUNITY_ADD'));
      	// Hidden
      	$token_tag = '<input type="hidden" name="'.$token->_name.'" value="'.$token->_value.'">';
      	$this->context->setAttribute('token_tag', $token_tag);
    • 「act/topic/add_confirmAction.php」
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      
      	require_once XOOPS_ROOT_PATH.'/class/xoopsformloader.php';
      	$token_handler =& new XoopsMultiTokenHandler();
      	$token = new XoopsFormToken($token_handler->create('TOPIC_ADD'));
      	// Hidden
      	$token_tag = '<input type="hidden" name="'.$token->_name.'" value="'.$token->_value.'">';
      	$this->context->setAttribute('token_tag', $token_tag);
    • 「act/topic/editAction.php」
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      
      	require_once XOOPS_ROOT_PATH.'/class/xoopsformloader.php';
      	$token_handler =& new XoopsMultiTokenHandler();
      	$token = new XoopsFormToken($token_handler->create('TOPIC_EDIT'));
      	// Hidden
      	$token_tag = '<input type="hidden" name="'.$token->_name.'" value="'.$token->_value.'">';
      	$this->context->setAttribute('token_tag', $token_tag);
    • 「act/topic/res_confirmAction.php」
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      
      	require_once XOOPS_ROOT_PATH.'/class/xoopsformloader.php';
      	$token_handler =& new XoopsMultiTokenHandler();
      	$token = new XoopsFormToken($token_handler->create('TOPIC_COMMENT_ADD'));
      	// Hidden
      	$token_tag = '<input type="hidden" name="'.$token->_name.'" value="'.$token->_value.'">';
      	$this->context->setAttribute('token_tag', $token_tag);

注意事項

  1.  管理者設定の「themes/ ディレクトリからの自動アップデートを有効にする」を「はい」とします。 (もちろん全て完了したら「いいえ」に戻す)
  2.  管理画面の携帯対応は行っておりません。オリジナルテンプレートをリネームしただけです。:hammer:
  3.  AUの一部機種での確認しかしていません。 また、編集漏れや間違いも残っていると思いますので、必要に応じて使用者にて編集して下さい。
  4.  読込み/書込みバイト数制限などもしていません。 必要に応じて、使用される方が組み込んでください。
  5.  書き込み等の不具合・文字化けの可能性も残っています。 必ずテストコミュ・テストトピなどで事前確認をしてから公開して下さい。 万一不具合があったとしても、当方では一切責任は負えませんので、ご了解いただいた上でご使用下さい。

改変履歴

  • 08/03/02 ver0.21 コミュニティーへの参加/退会ができない不具合の修正
  • 08/02/17 ver0.2 内部インクルードのテーマ名を汎用変数に変更。
  • 08/02/13 ver0.1 公開

ライセンス

ライセンス:GPL オリジナル:XSNダウンロードページ


ダウンロード数  140  ファイルサイズ 30.25 KB  利用可能なOS/ソフト等   ホームページ 
評価 0 (0 票)
評価する | ファイル破損/リンク切れを報告 | 友達に伝える | 詳細な説明を見る

カテゴリ XCLDB式携帯用template
minidiary0.8 携帯用テンプレートforXCL [zip] 人気ダウンロード情報
バージョン: 0.1
掲載日:  2008-3-2
説明

概要

minidiaryをXoops Cube Legacy2.1.xにインストールし、Cube Legacy デベロッパーズ・バイブルの記事・同梱CDに掲載されている、 ・同梱の「ThemeRender」モジュールをインストールしてXoopsCubeLegacyのPreloadを使い ・各モジュールのテンプレートをmobile専用にコピーして変更を加えるだけで携帯対応できる。

 という方式での携帯対応に使用できる、minidiary0.8以降用のテンプレートです。

使用方法

  1.  XOOPS全体の携帯対応の方法については、上記の書を参考に構築して下さい。
  2.  ここからダウンロードした「minidiary_mobile_templates_0.1.zip」を解凍し、「templates」フォルダを、「xoops_root_path/themes/mobile/minidiary/​」以下にコピーします。 「mobile」の部分は、ご使用の環境に合わせて変えて下さい。

注意事項

  1.  管理者設定の「themes/ ディレクトリからの自動アップデートを有効にする」を「はい」とします。 (もちろん全て完了したら「いいえ」に戻す)
  2.  コメント編集フォームは、Legacyテンプレートを使用していますので、そちらを変更すると反映されます。
  3.  画像・ファイルアップロード機能は携帯では使えません。
  4.  AUの一部機種での確認しかしていません。 また、編集漏れや間違いも残っていると思いますので、必要に応じて使用者にて編集して下さい。
  5.  読込み/書込みバイト数制限などもしていません。 必要に応じて、使用される方が組み込んでください。
  6.  書き込み等の不具合・文字化けの可能性も残っています。 必ずテストコミュ・テストトピなどで事前確認をしてから公開して下さい。 万一不具合があったとしても、当方では一切責任は負えませんので、ご了解いただいた上でご使用下さい。

改変履歴

  • 08/02/28 ver0.1 公開

ライセンス

ライセンス:GPL オリジナル:minidiaryダウンロードサイト


ダウンロード数  103  ファイルサイズ 0バイト  利用可能なOS/ソフト等   ホームページ http://www.mc8.jp/XCL/
評価 0 (0 票)
評価する | ファイル破損/リンク切れを報告 | 友達に伝える | 詳細な説明を見る

カテゴリ Plugin
XWORDS用 D3コメント統合クラス [zip]
バージョン: 0.1
掲載日:  2008-1-7
説明

XWORDS用 D3コメント統合クラスです。 XWORDS側の閲覧権限等は全く考慮していません。公開専用ということでお願いします。

XWORDSとd3forumのコメント統合の設定を先に完了させます。(解説割愛) その後、解凍した「xwordsD3commentContent.class.php」を XWORDSディレクトリ/class/内に放り込みます。

コメント統合用フォーラムの「コメント統合時の参照方法」の欄には「xwords::xwordsD3commentContent」と記載します。

ライセンス:GPL


ダウンロード数  72  ファイルサイズ 1015バイト  利用可能なOS/ソフト等   ホームページ http://www.mc8.jp/X/
評価 0 (0 票)
評価する | ファイル破損/リンク切れを報告 | 友達に伝える | 詳細な説明を見る

カテゴリ Plugin
XWORDS用 piCalプラグイン [zip]
バージョン: 0.1
掲載日:  2008-1-7
説明

XWORDS用 piCalプラグインです。 weblinksのプラグインを改変しただけですので、XWORD側の閲覧権限等は全く考慮していません。公開専用ということでお願いします。

ライセンス:GPL


ダウンロード数  61  ファイルサイズ 1バイト  利用可能なOS/ソフト等   ホームページ http://www.mc8.jp/X/
評価 0 (0 票)
評価する | ファイル破損/リンク切れを報告 | 友達に伝える | 詳細な説明を見る